Panic Inc.

Panic Blog

From the desk of
Noby
Engineering Dept.

EditorConfig for Coda 2.5

edcon_color_transbg2 EditorConfig はテキストファイルにコーディング時のエディタの設定を記述しておき、お気に入りのエディタ間でその設定を共有しよう、という賢いアイディアです。

例えば、通常はタブコードでインデントしているメンバーが、スペースを使用するようにルール決定されたあるプロジェクト(恐らくPython?)に参加するとしましょう。そのような場合、EditorConfigを利用してあらかじめ下記のような.editorconfigファイルをプロジェクトのルートに配置しておくと…

  1. # top-most EditorConfig file
  2. root = true
  3.  
  4. # 4 space indentation
  5. [*]
  6. indent_style = space
  7. indent_size = 4

…各エディタがその設定を自動的に参照し、その設定でコードを開きます。EditorConfigに対応したエディタであれば、誰でも推奨された設定でコードを開き、編集することが可能になります。

このクールな仕組みが私たちのユーザの皆さんも使えると便利だと考え、Coda 2.5用EditorConfigプラグインを開発しました!テキストエンコード設定以外のすべてをサポートしています。


上記のリンクが機能しなかったり、後でインストールしたい場合はプラグインページからもご入手いただけます。

設定の方法や記述フォーマットについてはこちらをご参照ください。 Enjoy it!

Posted at 9:06 pm EditorConfig for Coda 2.5 はコメントを受け付けていません。

Comments for this post are closed.