Panic Inc.

Transmit iOS

iOSのパワーをFTPやSFTP、WebDAVやAmazon S3とのアップロードやダウンロード転送に、あらゆるAppからフル活用しましょう。さらにファイルマネージャ機能も搭載。持ち歩けるTransmitを手のひらに。

App Storeからダウンロード

Features

About

90年代後半(!)に誕生したTransmit。ほどなくして、スピーディで使いやすくクリーンなインタフェースとパワフルな機能をコンパクトにパックしたMac用ファイル転送ソフトウエアとして高い評価を得ました。再度、iOSでも実現できないか?

これまで、iOS版Transmitの構想について常に抵抗がありました。iOSという新しい世界では常にAppは自身のファイルについてのみ管理が可能で、私たちにとって興味の対象になりませんでした。

そこにAppleからのiOS 8のアナウンス。

最もクールな新機能は共有シートです。それはAppの可能性を拡張します。写真の閲覧中、共有ボタンをタップします。そこにTransmitという新しい選択肢が加わります。タップすると写真は瞬時にあなたのファイルサーバやWebサイト、S3 bucketへ。

さらに、iOS 8ではDocument Pickerと呼ばれる新機能も搭載されます。これはTransmitの開く、保存などの機能を他のAppに提供できる機能です。これにより、サーバ上の項目をダイレクトに編集できることを意味します。そして保存し、変更をサーバにアップロードする操作を自動的に行います。今後多くのAppによるサポートが期待されています。

つまり、機は熟しました。

iOS 8による拡張パーツを取り込んでTransmit iOSがここに誕生しました。クリーンで美しく、スムースなインタフェース。フル機能を搭載したファイルマネージャによるアップロードやダウンロード、リネームやフォルダ作成。アクセス権の変更や編集、プレビューも簡単です。

Transmit iOSをついに、皆さんにお届けできることに私たちはとても興奮しています。あなたはTransmitをどのように活用しますか?

And.., price

必要とされるファイル転送と管理機能を備えながらも、お求めやすく。

Help

Transmitに関してご不明な点がございましたら、解決のために下記をご参照ください。

FAQ

Transmit iOSから自分のMacに接続できませんか?

可能です!SSH/SFTP共有を有効にするために、あなたのMacのシステム環境設定にある共有で、リモートログインをオンにしてください。

そしてTransmit iOSを起動し、共有サーバからあなたのMac名.localを選択し、必要な情報を入力上、ログインしてください。

Mac版Transmitのお気に入り設定を読み込めますか?

  1. まずMac版Transmitにて、お気に入りメニューから書き出しを選択し、お気に入り設定をバックアップします。
  2. バックアップされたお気に入り設定(拡張子.exportedFavoritesのファイル)をDropboxの様なクラウドに置きます。
  3. クラウド上の.exportedFavoritesファイルをiOSデバイス上で選択します。Dropboxの場合はDropbox.appで選択することが可能です。
  4. 選択した状態で共有ボタンをタップし、Transmitを選択します。するとTransmit iOSが起動します。(共有パネルにTransmit iOSが現れない場合は、'その他'をタップし現れるようスイッチをオンにしてください)
  5. 下部にあるローカルをタップし、保存をタップします。
  6. 改めてTransmit iOSを起動し、.exportedFavoritesをタップして、読み込む...を選択してください。

Transmit iOSがサポートするプロトコルは何ですか?

下記をサポートしています:

いくつかのクラウドサービスのサポートを将来のバージョンで提供する予定です。