Panic Inc.

Panic Blog

From the desk of Noby
Portland, Oregon 97205

“コンプリート・マイ・バンドル” 価格はどのようにして決まるのか

Transmit iOSとPrompt 2の発売開始後、私たちは兼ねてから試したくて仕方のなかったPanic Packバンドル2種類をApp Storeでリリースしました。バンドルは私たちのソフトウエアを利用したいユーザの方々にとってはディスカウント価格で購入できる、これまでのApp Storeには無かった素晴らしい仕組みです。

app-bundle-transmit-prompt2@2x app-bundle-complete@2x
さらに、”コンプリート・マイ・バンドル”と呼ばれる、バンドル内に収録されているいくつかのAppを既に所有している場合は差額のみでバンドル内のすべてのAppを購入できる素晴らしい仕組みも準備されています。

しかし、Panic Packバンドルの発売開始以降、この”コンプリート・マイ・バンドル”の価格に関するお問い合わせを多くいただくようになりました。いくつかの奇妙な価格付けが見られ、一貫性が無いように思われました。そこで私たちはそれらについて調査し、以下の結論を得ました:

コンプリート・マイ・バンドルでは、バンドルに収録されているAppを所有した際に支払った価格に関係なく、現在のバンドル価格が適用される。よって同じ製品を所有しているユーザ同士でも、過去に行われたセールや無償配布によって所有したユーザと定価で購入したユーザとで、コンプリートに必要な価格が異なる。場合によっては個々の製品を個別に購入した方が安くなる場合がある。

これにより、下記のケースを説明することができます:
bundlewhat   Panic Pack: Completeバンドルに収録されているApp4種類のうち、3種類を既に所有しています。そしてコンプリート・マイ・バンドルの価格は$10.02です。Prompt 2単体の価格は$9.99なのに!?

説明しましょう: このユーザはTransmit iOSを$9.99で購入し、Status Boardも$9.99で購入しました。そしてDiet Codaをリリース記念セール時に$9.99で購入していました。支払った合計金額は$29.97です。一方、バンドルの価格は$39.99です。$39.99 – $29.97 = $10.02、ということでバンドル価格が決定されています。(当然、私はこのような場合”コンプリート・マイ・バンドル”しません。:))

Appleのサポート情報「コンプリート・マイ・バンドルについてよくお問い合わせいただく質問 (FAQ)」 もあわせてご参照いただくことをおすすめします。

本記事が、あなたのより良いApp Storeショッピングに役立てば幸いです。また”コンプリート・マイ・バンドル”での購入をご検討いただき、また実際にお求めいただき、ありがとうございます。皆様のサポートに感謝!

[原文]

Posted at 6:23 pm “コンプリート・マイ・バンドル” 価格はどのようにして決まるのか はコメントを受け付けていません。

Prompt 2をご紹介します

prompt2@2x 3年前、私たちはクリーンでパワフルなiOS用SSHクライアントであるPromptをリリースしました。以降、フル機能を備えたSSH Appをポケットに(そしてiPadにも!)忍ばせたユーザの皆様から、トラブルの起こったサーバをビーチから修復したり、クライアントとのミーティング中にWebサーバをメンテナンスしたりといった私たちの想像を超える数々のストーリーを聞かせていただいたことがありました。

そんなPromptを次のレベルに押し上げる時が来ました。Prompt 2の誕生です!pr_source-2 まず、Panic Syncが搭載されました。これにより、あなたのすべてのiOSデバイス間でサーバアドレスやパスワードなどをセキュアに同期されます。(将来のPanic Syncではあなたが所有する他の弊社製品間、例えばPromptとTransmit iOS間においても、サーバアドレスや認証鍵等の接続情報を同期できるようになる予定です。)pr_source-3次に、フレッシュな新しいインタフェースに進化しました。サイバーで滑らか、多くのビジュアルタッチを搭載したこのインタフェースはもちろんiPhone 6およびiPhone 6 Plusに最適化されています。

またよく使うコマンドやテキストスニペットを格納し、いつでも挿入できるクリップ機能を追加。もちろんこれもPanic Syncでセキュアに同期されます!clipsさらに、Prompt 2ではダイレクトに秘密鍵を生成できるようになりました。この機能によって簡単に、そしてセキュアにサーバとの接続を構築することができるでしょう。複数のサーバに接続し、接続したまま接続を切り替えるスイッチ機能も搭載しました。Touch IDもサポートしています!ブックマークされたサーバ情報へのアクセスに指紋認証が利用できます。

ぜひApp StoreのPrompt 2ページもご覧ください!Prompt 2は¥1,000です。

Prompt 1をお使いの環境にインストールされると、Prompt 2の初回起動時にPrompt 1の設定を読み込み、簡単に移行することが可能です。

私たちの仕事はこれで完了ではありません。AppStoreレビューへの提出後にいくつかのアイディアを思いつき、それらを含めたPrompt 2.0.1をすでに提出しました。もしPrompt 2をお使いになる中で期待通り動作しなかったり、面白いアイディアが思いついたりしましたら、ぜひメールやTwitterでお知らせください!私たちはPrompt 2をベストなSSHクライアントに磨き上げるため、開発を惜しみません。

(最後に、Prompt 2はDaveによって産声をあげ、Nevenとケンイチの素晴らしいデザインワーク、Loganによる同期機能の提供、Ashurによるテスト、そしてそれらを実際にプログラミングしたHeatherによる素晴らしい仕事に感謝!)

 

[原文]

Posted at 12:51 pm Prompt 2をご紹介します はコメントを受け付けていません。

Transmit iOSをご紹介します

 

transmit-512_2x_360

 

意味の無いアイディアが、ある日、突然に意味を持つ。

iOS用のアプリケーション開発が許可されて以来、私たちには常々、iOS版Transmitに関するリクエストが寄せられました。しかしながら正直、私たちはまったく興味がありませんでした。今年のWWDCまでは。

これまで、iOSアプリケーションは他のアプリケーションの書類へのアクセスが非常に制限されていました。ですから、この制限の中でTransmitが存在したとしても「誰が、何のために?」という質問に、私たち自身が答えられませんでした。単体のアプリケーション内からのみファイル転送が行える有益なアプリケーションはこれまでに存在したことがあったでしょうか?

AppStoreを見てみると、敬意を払うべきいくつかのファイルストレージ管理ソフトウエアやドキュメントリーダーアプリケーションが存在しますが、私たちが考えるベストとは距離があるように感じられ、若干の実験は行ったものの結果的には1度、棚に戻されました。

その後、iOS 8が発表されました。発表の中のひとつであるApp Extensionsは、ユーザにとってエキサイティングなものであると同時に、私たちデベロッパにとっても非常に重大な、興奮した発表でした。App Extensionsを利用することで、Transmitは他のiOS 8アプリケーションにファイル転送機能を提供することができるようになります。ひと晩が明けても、このアイディアが意味あるものと感じられました。

iOS 8が発表されてからまだ数ヶ月。狂気に満ちたダッシュの結果、このタイミングでTransmit iOSを皆さんにご提供できることを私たちはとても誇りに感じています。それは私たちが考えうる、世界でもっともベストなiPhoneおよびiPad用ファイル転送クライアントアプリケーションです。

02 - File Listing

ディレクトリ リスト ブラウザ

単に見た目だけではありません。Mac版Transmitで定評ある転送エンジンを共有し、結果として、以下のプロトコルをサポートしています: FTP、SFTP、WebDAV、Amazon S3、そしてS3と互換性のあるDreamObjectsです。

16年間(!)に渡って改良されたTransmitエンジンがiOS版にも採用されたことにより、これまで以上のペースでエンジン開発が進むだろうと感じています。

01 - Servers

お気に入りのサーバを保存できます

03 - Clouds

リモート画像をプレビューすることも可能です

iOS版Transmitは、最新のアプリケーションらしく、iOS 8スタイルとマッチするインタフェースになっています。Transmit iOSはローカルファイルのアップロードやサーバからのローカルへのダウンロードなど、iOS 8以前のファイルマネージャアプリケーションの様なことはもちろん行えますが、ベストな機能は、あなたのこれまでのiOS体験を拡張する共有機能です。

共有機能についてご説明しましょう。

写真アプリケーションなどで既に共有機能をお使いでしょうか。写真を選択し共有ボタンを押して、その写真をメールやiMessage、AirDropなどで送信する機能です。そこでTransmit iOSがインストールされているとどうなるか。写真をはじめあらゆる書類をあなたのFTP、SFTP、WebDAVやAmazon S3サーバに転送できるようになります。

つまり、Transmit iOSをインストールすると、共有機能をサポートするあらゆるiOSアプリケーションにファイル転送機能が追加される、ということになります。

05 - Share Sheet

Transmit iOSで写真を転送

共有シートのTransmit iOSをタップするとそのアプリケーション内にTransmit iOSのインタフェースが現れ、サーバ内をブラウズしてあなたのファイルを目的の場所に送信することが可能です。送信が完了すると再び元のアプリケーションに戻ります。これはiOSのもっともすばらしい振る舞いです。

これだけではありません!

iOS 8で新たに搭載されたDocument Pickerは他のアプリケーションの書類を開くことを可能にする拡張機能です。

Document PickerをサポートするiOS 8アプリケーションと組み合わせることで、FTP、SFTP、WebDAVそしてAmazon S3サーバ上の項目を直接そのアプリケーションで開き、編集し、保存してアップロードすることができます。

(再度保存すると、その内容も自動的にサーバにアップロードされ置き換えられます!)

セキュリティ面はどうでしょう?Transmit iOSはTouch IDをサポートし、あなたのサーバ設定や認証情報を保護します。セキュアである一方、煩わしいパスワード入力から解放されます。

Transmit iOSは上級ユーザの皆さんが所有するiPhoneやiPad、そして今後登場するかもしれないデバイスのための全く新しい、そして最良のファイル管理ソフトウエアになるだろうと考えています。一方で、まったく新しいバージョン1.0の製品であることも事実です。可能でしたら、ぜひ皆さんのフィードバックをお寄せください。

多くの皆さんにTransmit iOSを手に取っていただき、お試しいただけたら!と考えています。

Transmit iOSは¥1,000です。ご興味がお有りでしたらぜひ!

(最後に: Transmit iOSは多くの協力により完成しました。特に長年FTPKitの開発を続けているWadeとWill兄弟、すばらしいデザインでまとめあげたNeven、そして辛抱強く開発を続けてくれた万能エンジニアLogan。本当にありがとう!)

[原文]

Posted at 1:13 pm 1 Comment

From the desk of
Noby
Engineering Dept.

PunchClock: iBeaconで楽しむ

PunchClock時々、Panicでは社外で日の目を見ることのない社内向けアプリを作ります。今回紹介するPanicチームのための自動入退出トラッカー: これはそのようなプロジェクトのうちのひとつです。

はい、私たちのチームはそれほど人数が多くないので、入退出管理は大きな問題にはなりません。しかし面白いので試してみました。最初に私はSNMP、ARPテーブルの参照、そして一般的な昔ながらのポートスキャンを組み合わせ、理論上の“入室”を取得していました。しかしそれはそれほど期待通りではなく、結局私たちのStatus Boardから取り除かれました。Appleが間もなく、私たちの(それほどでない)クリティカルな問題の解決法を発表することを知らなかったのです。

iOS 7に搭載されたiBeaconの出現により、Appleはまったく新しいやり方で小売や公共スペースを明確に変化させようとしています。もはや買い物の際にその店のアプリは必要なく、アプリは店内のあなたの位置に反応します。一般的に、iBeacons自体は近くのあなたのデバイスに通知するためのIDを単に発信しています。このアイディアにより、比較的安く投げ売りされているビーコンを周辺に広めることで、iOSおよびクラウドサービスは訪問客が見るべきコンテンツを提供することができます。

さらにiOS 8では、Appleに登録された屋内位置追跡エリア内にいるとロックスクリーンにボタンが追加されます。ボタンをタップすると関連アプリが起動し、インストールされていない場合はApp Storeにジャンプします。すごい!

手のひらサイズのこの新しいテクノロジを利用した、まったく新しい入退出トラッカーPunchClockを作るのにそれほど時間はかかりませんでした。それはジオフェンスとiBeaconトラッキングを組み合わせ、さらにHerokuでホストされた単純なSinatraバックエンドを使用しています。省バッテリーで位置情報を提供するため、ポーリングの調整に多くの時間を要しました。

ひとたび信頼できる入退出データが取得されると、オフィスを誰が何時に出入りしたか、その瞬間に(可能な限り気持ち悪く無い方法で)通知すると面白いと考えました。さらにPunchClockの素晴らしい機能として“入室”とマークされると — 例えばオフィスがロックされてしまったり、トイレに閉じ込められたりした際、チーム全員にメッセージを送ることができます。NevenがUIを、Cabelが通知音を作り、このアプリは完成しました。

AppleのiBeaconテクノロジが大きな店舗やスタジアムでロールアウトされ続ける中、あなたの家やオフィスで試さない理由はありません。

皆さんがご自身で入退出トラッカーを作成できるよう、私たちはPunchClockをGithubで公開しました。バックエンドからアプリへ提供されるJSONデータはStatus BoardのDIYパネルでも利用可能です。

正直、PunchClockを自身でセットアップするには技術的な能力が必要です。これは私たちが提供する正式プロダクトではありません。しかしあなたがプログラマで、コーディングに暮れる夜を楽しむ準備ができているならば、みなさんが何を作るかを私たちはとても楽しみにしています。アプリとバックエンドについてはできる限り詳しくREADMEに記述しています。

PunchClockは私たちが楽しむためのアプリでしたが、皆さんも楽しんでいただけますように。


[原文]

Posted at 8:07 pm PunchClock: iBeaconで楽しむ はコメントを受け付けていません。

From the desk of Noby
Portland, Oregon 97205

Coda 2.5とMac App Storeについて

coda-logo1年とちょっと前、Codaとサンドボックス化に関するエントリを書きました。

そこでは、Appleによって定められたサンドボックスの制限下で動作するCodaの変更点についての完全なリストを公開しました。もしまだお読みでなければ、本リンクをクリックしてお読みください。

私たちはCoda 2.5の開発を続ける中で、サンドボックス化されたアプリケーションという制限に挑戦し、良い解決策を発見し続け、興奮していました。正直言ってCodaは複雑な開発ツールであり、サンドボックスによる制限は’最悪のシナリオ’です。

ですがそれぞれの問題に対し、私たちが利用できるかも知れない考えや回避法、一時的な免除やサポートなどについて非常に多くのエネルギーを費やしてAppleとやり取りしてきました。実際に、Appleには常に真摯に対応いただき、本当に感謝しています。彼らの手厚いサポートにより、数多くの問題のほとんどをもうちょっとで解決できそうです。

しかし、残念ながら時間を使い果たしてしまいました。

Coda 2.5はほとんど完成しました。それでも尚、サンドボックス化に関するチャレンジを続けています。一方でこうも考えます… Coda 2.5を長らくお待たせしてしまっているユーザの皆様にそれを届けることができたら… まもなく…

つまり: Coda 2.5はサンドボックス化しません。よってMac App Storeでは公開されません。

これはCoda 2.5がAppleによってリジェクトされた訳ではありません。Mac App Storeで公開されるすべてのアプリケーションはサンドボックス化が義務であり、Coda 2.5はそうでないので我々のWebサイトで公開される、ということです。

これは悪いニュース?いいえ、3倍返しです。

  1. ライセンスの移行はスムースです。
  2. 既存の設定やワークフローはそのまま。
  3. Panic Syncを提供します。

疑問にお答えします。

• わたしはCodaをMac App Storeで購入しました。なにが必要になりますか?

現時点ではなんの準備も必要ありません。引き続きMac App Store版のCodaをお使いください。

Coda 2.5がリリースされましたら弊社の製品ページからダウンロードしてください。そして現在の直販版をAppStoreユーザが利用するのと同じように、シリアル番号入力ダイアログから製品版にアンロックしてください。これだけです。追加料金などは発生しません。

• iCloud同期はどうなりますか?

iCloudはMac App Storeで配布されるアプリケーションでのみ利用が許可されており、Coda2.5では利用できなくなります。ですがグレイトニュース。既存のユーザの皆様に代わりとなる機能を提供したく、Panic Syncという同期機能の開発に数ヶ月を費やしておりました。Panic Syncは私たちPanicが提供する、サイト設定等を各デバイス間で驚くほど簡単でセキュアに同期できる機能です。まずはCodaとDiet Codaで利用可能です。iCloudと同等以上の便利さを無償でご提供します。

• AppStore版の様に自動でアップデートされますか?

はい。Codaには独自のアップデート機能が備わっています。しかも緊急の修正も直販版と同様のタイミングで素早く提供されます。

• 新しいMacを購入した際も簡単にインストールできますか?

Mac App Storeの最も優れた点が再セットアップの手軽さですが、直販版ではCoda 2.5を弊社の製品ページから手動でダウンロードいただく必要があります。ダウンロードはいつでも可能です。想像よりも簡単で、すばやく導入いただけると思います。

• 将来、サンドボックス化されたCodaがMac App Storeに復活する可能性はありますか?

私たちは本当にそれを望んでいます!よって常にその可能性について評価し検討し続けるでしょう。

• Coda 2.5の新機能は何ですか?いつリリースされますか?

シーー… まだ秘密ですが、私たちのTwitterアカウントでひっそりと順番に公開していきます。 そしてベータテストの終盤に差し掛かっています。

最後までお読みいただきありがとうございます。Codaをお使いのすべてのユーザ様に感謝!

[原文]

Posted at 5:34 pm Coda 2.5とMac App Storeについて はコメントを受け付けていません。