Panic

Panic Blog

10月 23rd, 2021


信じられないことに、iPodが誕生して20周年です。

振り返ると、iPodという製品はそれまでのAppleとはまったく異なるApple — 新しい市場に参入し、その市場でベストな製品を生み出そうとする — そんな企業になった最初期のものだったことがよく分かります。もちろん、それまでのAppleも毛色の違う製品(QuickTake! PowerCD!)などを作っていましたし、競合するポータブルMP3もたくさんありました(”less space than a Nomad“のコメントで知られるNomadなど)。しかし、iPodは業界標準となるようなパワフルさ、「Appleが手掛けたらこうなります」というムーブメントの最初の製品と言えます。それはパーソナルでデザイン性が高く、革新的で存在意味があり、スペックや機能比較表で語られる以上のものでした。正に私たち(私だけ?それとも業界関係者?)が欲しい、必要なものでした。当時、Dave(彼は現在、Playdateのエンジニアとして知られています)がiPodのデータベース保存形式をリバースエンジニアリングし、Audionで対応させたことは本当に良い思い出です。クリックホイールは触り続けてついつい遊びたくなるし、ポータブルハードディスクとして使うことができたのもクールで、本当に素晴らしい製品でした。

さて、誕生20周年を記念して、あるモノをお見せしたいと思います。

謎多きPanicのアーカイブス(又の名をクローゼット)の中でも最も謎に満ち溢れている物の1つが、今回ご紹介する初代iPodの初期プロトタイプです。

どこからやって来たのか?私たちも良く知りません。とにかく、皆さんにお目にかかれる日を20年間、ずっと待ち続けておりました。

ご覧の通り…かなり大きいです!この巨大なケースはiPodの開発最初期に使われていた基盤に合わせて設計されたものと私たちは予想しています。上下左右のナビゲーションのための黒いガッチリとしたボタンがたまりません。

中はどうなっているのでしょう?

見ての通り…かなり小さい!そして無駄なスペース!

明らかに、このプロトタイプの内部ユニットは改訂が重ねられ、製品版とだいぶ近いことが分かります。実際、2001年9月3日という日付は初代iPod発売の2ヶ月前です。

右サイドにはJTAGが備えられており、デバイス上でのデバッグが容易になっています。

飛行機でのフライト中にバッグのジッパーをサッと開け、周囲の視線を意識しながらこの素晴らしいビーストを取り出してヘッドフォンを装着、実際に”ポータブル”音楽プレーヤーとして使う日を夢見続けています。

以上です。物事がそこに到達するまでどういう道を辿り、そしてどこからやって来たのかを知るのは常に興味深いことです。Apple製品でそれを知ることはかなりレアです。

ありがとう!そして誕生日おめでとうiPod!

PS: 私のお気に入りのApple・iPodイースターエッグは第5世代”Video iPod”で追加されました。まだ絵文字がユニコード化される前、著作権情報の一番下に雪だるま: ☃ が表示されていました。ネット検索しましたが、写真はこの1枚しか見つかりませんでした:

些細なことですが、私はこれが大好きでした。往年のAppleらしさ — エンジニアとデザイナーの人間味溢れるちょっとした遊び心 — が大好きでした。もちろん、Appleはそれがプレスに知れ渡ると後のファームウェアで削除しました。時代は移り変わります。(そして私は程なくして、使命感から https://☃.net を登録しました。)最後までお読みいただき、ありがとうございました。お読みいただいた皆さんは Playdate の認証情報画面になぜ、真顔の雪だるまがいるのかご理解いただけるでしょう。

Posted at 9:00 am No Comments
Panic Inc.

Required to post: Your real email address and a pleasant demeanor.
Do not post tech support questions. Email those!

pencil