Panic Inc.

Coda 2

Webをコーディングする。必要なのは軽快でクリーンそしてパワフルなエディタ。確認のためのプレビュー。ローカルとリモートファイルを管理するファイルマネージャとSSHお待たせしました、新しいCodaです。

New! in Coda 2.5

What is Coda?

CodaはWebサイトをコーディングするのに必要なすべてをパックしたアプリケーションです。

私たちはこれまで必要な機能をどのように組み合わせ、どう実現するかについて議論、熟考しCodaの開発を続けてきました。そして今日では世界中のWeb開発される皆様にお使いいただいています。

Codaはテキストエディタです。ですから、エディタに期待されるすべてを搭載しました: あらゆる言語に対応したカラーリングモード。コードの折りたたみや自動コード補完。インデントガイド、終了タグの挿入機能。すばやいコメントアウトやコードのシフト等々。加えて、他のエディタに無い特徴も備えています。例えば、革新的な"ワイルドカード"で正規表現をシンプルかつ簡単に1ボタンで利用できるようにした検索と置換機能や、グラデーションや角丸をビジュアル操作で記述できるポップアップ機能が搭載されています。

しかし、編集するあなたのすべてのファイルを簡単に扱えないなら、それは単なる良いタイプライターに過ぎません。Codaはファイルブラウザです。それも百戦錬磨のファイル管理を実現しています。ローカルファイルはもちろん、FTP、SFTP、WebDAVやAmazon S3サーバ上のファイルを直接編集することが可能です。ファイルタブではそれらの項目の移動、リネーム、コピー、サーバ間転送等々が行えます。GitやSubversionさえもサポートし、ローカルで編集、更新された項目を自動的に検知しサーバに公開アップロードすることも可能です。

その後、コードがどのように見えるか確認したいと考えるでしょう。CodaにはWebインスペクタ、デバッガ、プロファイラを備えたWebkitによるプレビュー機能が搭載されています。さらに、あなたのデスク上のiOSで動作するCoda for iOSと組み合わせてプレビューするAirPreview機能も提供します。

さらに、制作作業をより便利にこなすためのユーティリティ群がサイドバーに詰めこまれています。例えばクリップ機能。よく使う文字列をスニペットとして登録し、いつでも任意のキーコンビネーションによるショートカットで挿入できます。またファイルを跨いでの検索と置換機能やHTMLバリデーション、コードナビゲータも便利です。

タブバー上のプラスボタンに隠された2つの強力なツール: ターミナル機能およびMySQLエディタもご紹介しましょう。ターミナル機能ではローカルシェルを開いたりSSHサーバに接続し、直接コマンドを送信することが可能です。またMySQLエディタでは構造を確認したりテーブルを追加したり、データを編集するなどの操作がビジュアルで可能です。

最後に、これら機能はサイト設定を利用することで簡単に利用開始でき、再開もすばやく行えます。サイト設定ではファイルパスやルートURL、公開アップロードするサーバ設定やソース管理設定などが含まれ、プロジェクトを一元管理することができます。そしてPanic Sync。無償で提供されるセキュアな同期サービスで、あなたのサーバ設定を最新に保ちます。

Codaはあなたの制作の効率化をお手伝いします。

Only ¥9,800. Buy It.

ファーストクラスのコーディング環境を、すべてのWebデベロッパに、お求めやすい価格で。

Get the Free Book.

Codaのメニュー項目や設定画面、機能を解説する電子書籍の日本語翻訳版。無償です。ヘルプよりも詳しく知りたいユーザはもちろん、導入をご検討中の方にもお勧めです。

iBooks Storeでダウンロード

Don’t Miss: Coda for iOS.

iOSに最適化された持ち運べるCoda。AirPreview機能でプレビュー環境としても活躍します。

Help

Codaに関してご不明な点がございましたら、解決のために下記をご参照ください。

FAQ

急に***ができなくなりました!

下記を段階的にお試しいただくことをおすすめ致します。

新しいMacを購入しました。新たにライセンスを買い直す必要がありますか?

ありません!新しいMacにインストール後、お手持ちのシリアル番号で製品版としてください。動作をご確認後、古いMacのアプリケーションを削除してください。

Coda 2.5は無償アップグレードですか?

はい!すべてのCoda 2ユーザ様に無償で提供されるアップグレードです。

Mac App Store版はどうなりましたか?

Coda 2.5は直販版のみ提供されます。しかしご安心ください!Mac App Store版ユーザ様は直販版に移行することが可能です。

まずは最新のMac App Store版Coda 2.0.14を予めインストールしてください。その状態で直販版Coda 2.5をダウンロードし、Mac App Store版とは別の場所で起動してください。

以降、現れたダイアログに従ってください。直販版のシリアル番号をメールでお送り致します!しばらくしても届かない場合はご登録の名前とメールアドレス、エラーメッセージの内容と共に、サポートまでメールでお知らせください。

購入したMac App Store版Coda 2が再インストールできません!

App Store.appを起動いただき「購入済み」タブより再インストールください。購入済みであるにも関わらずリストに現れない場合、隠れてるかも知れません。Mac App Storeで購入済みアイテムの非表示/表示を切り替えるをご参照ください。

ローカル項目のインデックス化を行うにはどうしたら良いですか?

サイト設定の"サイト設定に含まれる項目をインデックス化する"チェックボックスをオンにしてください。

コード入力中に動作が遅くなることがあります。

本バージョンの新機能である"ローカル項目インデックス化"機能が、サイト設定内の情報を収集中である可能性があります。特にたくさんのローカルファイルが含まれるとより時間がかかる場合があります。

Coda Plug-ins(プラグイン)に関する情報はありますか?

Githubのこちらに、Codaを拡張するPlug-insの開発に関する情報があります!

Gitを使用したバージョン管理の方法を知りたいです!

既にインストールされている場合はCoda環境設定のファイルタブにあるGitツールパスにパスを設定してください。(Xcodeがインストールされているなら、既にGitもインストール済みです!)

インストールされていない場合はGitHub for Macをインストールするか、git-scm.comからGitをダウンロードの上インストールください。

Subversionでバージョン管理を行うにはどうしたら良いですか?

これまでCodaではOS Xに標準でバンドルされていたSubversionを利用していました。しかしOS X Mountain Lion(10.8)以降、Subversionがバンドルされなくなりました。引き続きSubversionを利用するには別途インストールが必要です。

Subversion をインストールするには、Xcodeをダウンロードの上インストールください。

Xcode のインストール完了後、Coda環境設定のファイルタブにあるSubversionツールパスにパス/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/usr/bin/svnと設定してください。